第06回

「サイエンスネットの夢が動き出します」
激動の時代を乗り切る会社が、今求める人材。

前回のインタビューにて、今年は激動の年になるとお伺いしました。 今のサイエンスネットは、年初めに思い描いた姿と比べてみていかがですか?

今のサイエンスネットは、年初めに思い描いた姿と比べてみていかがですか?

まさに!予測したとおりの展開できています。
会社の状況を分析し、正確に予測することができたので、結果として売上も収益も順調に伸ばすことができました。
社会情勢も世界的に激動の時代が到来しているので、一刻一刻の変化を敏感に感知しながら、荒波を乗り越えていくための対策を考え、遂行していくことが大事。この社会を生き抜いていくためには、ひとところに留まるのではなく、新しい事業を考え実行していくことを、これからも続けていきたいと思っています。

社員の成長と役員に求めたい変化

社員の成長と役員に求めたい変化

また、スタッフの働きにもとても満足しています。
サイエンスネットは年齢や学歴ではなく、やる気や会社との相性を重視します。いくら優秀でも会社のカラーに合わない人もいるでしょう。そういう意味で、今のサイエンスネットには相性の合ったスタッフたちが日々の業務の中でどんどん力を付けてきています。

ひとつ、課題があるとすれば、これからは自分も含め役員が変わっていかなくてはいけないということ。
これまでは目標数値を達成するためのルーチンワークに社員をあてはめて考えていました。これでは、指示されたことをこなすだけの社員しか育たないし、社員だってモチベーションが上がりません。

社員一人一人が個性に合った仕事のやり方を作り上げていくためには、ある程度の許容が必要でしょう。
社員には「成長するためには、恐れずにたくさん失敗しなさい」と言い続けていますが、それを見守るトップの度量が試されるときでもあると考えています。
従来の考え方にとらわれることなく、広い視野を持って斬新な思考ができる人材こそがこれからの会社が求めるトップリーダーでしょう。

会社に新しい風を

今のサイエンスネットは新しい幹部も加わり、社内の雰囲気などにも変化が生まれてきました。
新しいスタッフがやってくるというのは、会社に新しい風が吹くということ。今こそ会社が変わっていく分岐点だと思っています。
色々な世代の人間が交わって、それぞれに意 見しながら会社を成長させていける、今まさにそのチャンスが来ている!変わるのは今だ!とね。

社長として、これからのサイエンスネットをどのように動かしていくのでしょうか?

社長として、これからのサイエンスネットをどのように動かしていくのでしょうか?

会社の規模としては、社員20名が最大。そこから先はどんどん分社化していきたい。
これは、サイエンスネット設立当初から思い描いていた夢ですね。
ひとつの会社が膨張していくのではなくて、成長した社員に任せるなどして、どんどん会社を増やしていきたい。
その夢の第一歩として、株式会社ユースフルパースンが立ち上がりました。まだ小さな一歩だけど手応えは感じているんです。

地味な成長の積み重ねこそが心地良い

幸いなことに、これまでサイエンスネットには大きな進歩というのがないんです。 これは本当に有難いことだと思っています。
例えば10億円儲けられる会社へと一気に飛躍できたとしても、それだけリスクも高いのは当然だよね。
それよりも地道な一歩一歩を実感しながら会社を育てていきたいと思うし、そんな小さな成長の積み重ねがとても心地良いんだな。
小さな規模でも事業計画を立てて、地に足の着いた経営を遂行すれば、大きなマイナスは出ないのだと確信しています。

中国、香港に向ける熱い思い

中国へは今年もまた頻繁に通っていますよ。現地へ行ってそこの人と会って、たくさんの話をします。グローバルな企業となるためには、様々な考え方を取り入れてお互いに分かち合う中で、新しい事業や会社の経営について思考していきたいのです。
言葉?行けばなんとかなるんですよ!笑

では、深井社長ご自身についての質問です。
憧れの人、目指すべきと考える人物像を教えてください。

そうだねぇ・・・知り合いの会長さんに、とても尊敬している人がいます。
とにかく自分のことよりも人のこと。本気になって、人のことや町、社会のことを考えて取り組んでいる人がいます。誰だって自分のことだけに一生懸命になりがちな中で、ここまで人や社会を 思いやることができる人に憧れるし、自分もそうあるべきだと努力しています。

最近おすすめの店はありますか?

ん~・・・(突然の質問に絶句)。
桑名にある蕎麦屋さんとか、夜は最高に旨いイタリアンレストランとか。良いと思う店は、まず美味しいこと。そして店員さんの接客。基本だよね。

社員との交流はしていますか?

特別なことはしていないかな。それよりも社員の自主性に任せています。
っていうか、みんなボクのことを怖がってる?そんなことないよね?!怒ると怖いからかな。でも普段は怖くないよね!笑
車通勤をしているから就業後にみんなで呑むこともなかなかできないしね。今度みんなで一泊して宴会するかぁ~!

これから新しいスタッフとして加わるかもしれない可能性を秘めた人たちに、 サイエンスネットが求める理想の社員像を教えてください。

これから新しいスタッフとして加わるかもしれない可能性を秘めた人たちに、 サイエンスネットが求める理想の社員像を教えてください。

とにかくやる気が大事!学歴?年齢?それは問いません。
頑張ってみたい、試してみたい。
そういう強い思いを持つ人に、サイエンスネットが力を発揮するチャンスをあげますから、あとは自分でつかんでください。
自分たちの思いを形にできる会社目指して、サイエンスネットは一歩を踏み出しました。
更なる前進のために、新しい風を運んでくれる人を待っています!


ページの先頭へ